kinto横

E46のブランクキーを買った

投稿日:2021年6月15日 更新日:

ひとつ前の記事で、中古キーは書き換えできないので合鍵を作れなかったということを書きました。仕方ないので新品のブランクキーでスペアキーを作ることにしました。とりあえず買ったキーがこれです。ブレードは切ってありません。使えるようにするにはEWS3と通信できるようにプログラムする必要があります。

買うときに気を付けることと言えば、ブレードはHU92というまっ平のやつ、周波数は315MHz(国によって433MHzのもある)を買えば良いかと思います。裏面はこんな感じ。

FCC IDというのがありますが、これは日本の技適みたいなもんです。LX8 FZVというのを Federal Communications Commission のホームページで調べたらBMWのイモビライゼーションシステムでした。出力は-21dBm +-4dBとなってますから、十分微弱な出力です。

ちなみに、315MHzと433MHzの切り替えられる場合の周波数切り替え方法は、オープンボタンを押しながらトランクボタンを5回押します。

リモコンでのドアの開閉は登録できました。ちゃんと動くようです。

1.元のリモコンキーがある場合の登録方法は、元のキーを鍵穴を使ってドアを開けて中に入る。元のキーをキーシリンダーに入れてACC(ONかも?エンジンはかけない)まで回して抜く。元のキーのオープンボタンを押しながらクローズボタンを3回押す。ドアロックが勝手に上下する。新しいキーのオープンボタンを押しながらクローズボタンを3回押す。ドアロックが勝手に上下したら成功。登録するときはすべてのキーを登録する必要があります。

2.元のリモコンキーがない場合の登録方法は、新しいキーをキーシリンダーに入れてACC(ONかも?エンジンはかけない)まで回して抜く。これを素早く連続5回繰り返す。あたらしいキーのオープンボタンを押しながらクローズボタンを3回押す。ドアロックが勝手に上下する。

あとは、ブレードを純正キーを複製して切ってもらうことと、トランスポンダーにEWSからの必要な情報を書き込むことです。EWS3は始動ごとにローリングコードをカギに書き込むので既存カギから新品カギへのクローンはできないみたいです。というか、どちらか片方しか使えなくなります。(多分クローンキーでエンジンをかけると、クローンにEWS3から新しいローリングコードが発行されて、それを受け取っていない元のカギは次のエンジン始動時にコードが一致せず使えなくなるってことだと思う) なので、EWSを車から取り出して情報を抜いてカギを追加する必要があります。

この手の仕事をしている鍵屋さんに持っていけばやってくれるところがあると思います。まあ、誰もやってくれなくてもリモコンとしては使えます。エンジンはかからないけど。



カーコンビニ

損保でノール 下取り

関連記事



-修理関係

Copyright© BMW E46 カブリオレな話 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.