kinto横

ラジエータのアッパーホースがぺちゃんこになってたらタンクが危ないかも

投稿日:2021年10月1日 更新日:

以前、エキスパンションタンクが壊れた時に気づいたこと。

エンジンが冷えてるときアッパーホースがぺちゃんこになってた。エキスパンションタンクキャップの圧力調節弁が働いてないからと思われる。

安物のエキスパンションタンクキャップは要注意!?

今思えばエキスパンションタンクのキャップを交換するべきだったのだけど、キャップを新しく交換してからそれほど経ってなかったからそのままにしてしまった。

圧力調節がうまくできないので、ずっとホースやタンクに負荷がかかってたんだと思う。タンクの破裂と関係があるかどうか確たることは言えないけど、もともと弱ってたタンクの破裂のきっかけを作ったか早めたと思っている。安物のキャップに交換したのが良くなかった。新しくても社外品は安心できない。

新品に交換したらそれ以後はぺちゃんこになってない。アッパーホースがへこんでる人はキャップを早く交換したほうがいいと思う。純正かOEMに。

圧力弁がこのように閉じっぱなしの場合のほか、開きっぱなしの場合もクーラントが異常に減るのでやっぱり危ない。

カーコンビニ

損保でノール 下取り

関連記事



-修理関係

Copyright© BMW E46 カブリオレな話 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.