歩道乗り入れ部でガチャンと底を擦った

投稿日:2019年10月10日 更新日:

先日のこと対向車線にある回転すし屋に入ろうとした。対向車線の車が気になって、不注意にもそこそこのスピードのまま乗り入れに進入した。するとガチャンと嫌な衝撃と音が。

乗り入れ部を見ると、こう配が急で、途中で路面がへこんでるところがあった。薄暗くてよく見えなかった。(冒頭の写真は近所で撮ったイメージです。私のE46の方が低い。)

いったいどこを当てたのか?

もし前の方がヒットしてたら、バンパーが壊れてるとか、ラジエータにダメージがあるとか、いろいろ心配した。

まず、バンパーかと思って見てみたけど、どうも当たってる気配はない。スプラッシュシールドを外して下回りを確認したけど、どこも傷んでない。

よくよく見たら、エキゾーストの前の方に新しそうな傷があった。クランプの下側がギザギザになってる。フロントから音がしたような気がしたけど違ったみたい。多分ここじゃないかな。

このあたり?

私のE46の最低地上高は11センチくらい。(新車時から1cm以上へたってる)当日は大人3人と荷物を載せてたのでもっと低かったはずだ。

入ったのは「にぎり長次郎」

関西を中心に展開している回転すし屋。ネタは新鮮でおいしかった。刺身盛り合わせ(長次郎盛り1,958円)を頼んだら、アジがぴくぴく動いていた。後で骨せんべいにしてくれた。

100円の皿はないが、リーズナブルにお寿司が楽しめる。ただ、店舗の周囲にも注意を払ってほしいところだ。

乗り入れには注意しましょう

とりあえず、これくらいですんで良かった。歩道乗り入れに進入するときは極力速度を落とそうと心に誓ったのであった。

記事下レスポンシブ




記事下レスポンシブ




関連記事



-修理関係

Copyright© BMW E46 カブリオレな話 -BMW E46 cabriolet-ish Stories- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.