E90 335i M-sport のサイドスカートの浮きを修正した

投稿日:2022年9月4日 更新日:

E90Mスポーツの左側サイドスカートが緩んでボディから浮いていたので修正することにしました。

今回購入したのは、クリップとグロメットとスペーサークリップとボルトのセットです。E90前期の全車種と後期(LCI)のMスポーツはこのセットだと思います。(自信なし)

E46もこのタイプのクリップです。

E90 Mスポーツのサイドスカートは下側からの樹脂ボルトとサイド裏側のクリップで留まってます。まず下側の樹脂ボルトを外します。T27かT30。私はT27で外しました。

後は注意しながら引っ張るだけです。パチパチと音がしてクリップが外れます。クリップは車体側に残ったりサイドスカート側に付いていたりします。クリップはサイドスカート裏のレールに嵌まるようになっています。

サイドスカートが緩む原因ですが、車体側のグロメットが割れていたり、クリップが劣化していたりするためです。

割れたグロメット

樹脂ボルトはスペーサークリップに締めこむようになっています。

グロメットとクリップを交換 必要ならスペーサーも

割れたグロメットを交換して、クリップは全部交換しました。傷んだスペーサーも交換しました。

クリップは車体グロメット側に付けてからサイドスカートを装着する

クリップをサイドスカートに付けるのか、車体側のグロメットに付けておくのか迷います。ネット動画を見たら両方のパターンがありました。わからないのでやってみるしかありません。

最初はサイドスカート側にクリップを付けてからサイドスカートを装着しようと試みました。

しかし、クリップがグロメットにパチンと最後まで嵌らないため固定できず。

そこで車体のグロメット側にクリップを刺しておいてからサイドスカートを手で叩きながら装着しました。サイドスカートの下側は、スペーサークリップと底面カバーとの間に差し込みます。一人でやるためには、寝転んで足でスカートを支持しながら作業します。

今度はうまくいきました。ただ、一番後ろ側のクリップだけはうまくスカート側のレールに嵌りませんでした。残りは全部嵌ったので良しとします。最後にボルトを締めなおして終了です。慣れてなくても1時間あればできると思います。

追記)リアから2つのクリップはスカート側につけた状態で装着しないと入らないとわかりました。

修理前
修理後

スクエアレスポンシブ




スクエアレスポンシブ




関連記事



-E90 335i, 修理関係

Copyright© BMW E46 カブリオレな話 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.