E90 335i M-sport pre LCIのHIDバルブ交換とレンズ掃除

投稿日:2022年9月10日 更新日:

7月の車検でロービームが不合格でした。理由はよくわからないんですが多分光量が足りてないんじゃないかと思います。バルブが悪いのかプロジェクターレンズがくもってるか、両方かもしれません。外側のレンズはキレイです。原因の切り分けのために何度も作業するのは面倒なので、バルブを交換するときにプロジェクターレンズもフキフキしてみようと思います。

バルブの交換自体はYouTubeやネット記事で山ほどあるので、ここでは特に気が付いたことだけ書いておきます。

まず、前輪をジャッキアップしてスタンドに乗せてタイヤを外します。

想定外のブラインドリベット

フェンダーライナーを外すんですが、8mmと10mmのボルトだけかと思っていたらプラスチックリベットがありました。これは外れません。

黄色が10mm、水色がブラインドリベット

ブラインドリベットはライナーの前方の部品と接続するためのものです。その方が作業しやすそうだったので、私はカッターで切り取りました。付けるときはプッシュリベットを使えば問題ありません。

ぴったりのプッシュリベット

蓋が外れない

ヘッドライトユニットについてる蓋を外してバルブを取り換えるんですが、これがどうやって外すのか迷います。指の力で爪を外すことは恐らく不可能です。外す順番は上の爪からです。下の写真のようにドライバーで爪を起こしてください。YouTubeでもそんなことを言ってました。

バルブを押さえているクリップがやたら固い

クリップがすごく固くて指が痛くなりました。右ヘッドライトは押して右にずらしてください。左ヘッドライトは左にずらします。クリップを外す前にコネクターを抜いたほうがいいと思います。少々固いですがぐりぐりやれば外れます。

何やら変なギザギザの金具がバルブについてきた

灯具に残る場合もあると思いますが、私の場合コネクターを外すのにぐちゃぐちゃやってたせいか、バルブ側に金具が付いてきました。方向を間違わないように再度取りつけてください。

一応空焚きはしたほうがいいと思う

プロジェクターレンズが白く濁らないように空焚きはやった方がいいでしょう。

プロジェクターレンズの掃除は最初ストローでやってみたらグニャグニャでうまくできなかった

プロジェクターレンズが白濁してるので内側から掃除します。ストローでは柔らかすぎました。結局割りばしの先にペーパータオルをつけてフキフキしました。ただ、曲がらないので上半分しかきれいになりません。適度の固さがあって曲がるものでやるのが良いでしょう。

とりあえず上半分はきれいになりました。実際に見ると一目瞭然です。これによってどれくらい明るくなるかは不明です。

交換前のバルブはOSRAM XENARC 66142

HIDのD!S 6000Kを買いました。交換前のバルブは色温度はわかりませんがおそらく5000K弱くらいだと思います。新車から一度も交換したことないかもしれません。

右が交換前、左が新品 Amazonで2個で3000円弱の激安品

初めてだったので思いのほか時間がかかったが反対側は速攻で出来た

バルブ替えるくらい1時間もあれば両方ともできるだろうと思ってました。初めてなので壊しちゃまずいとか思って、作業を中断して調べながらやるもんだから結構時間がかかってしまいました。この記事を読んでからやればタイヤ外し含めて30分で出来ると思います。

雨が降ってきたので片方だけ交換して撤収

やはり色が違います。このままで車検に通るんでしょうか? 翌日反対側もやりました。

向かって左が新品の6000K

スクエアレスポンシブ




スクエアレスポンシブ




関連記事



-E90 335i, 修理関係

Copyright© BMW E46 カブリオレな話 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.