kinto横

ウィンドウレギュレータとオイルパンガスケットを購入した

投稿日:2021年10月10日 更新日:

窓から異音がする

最近になって、右側の窓を上げ下げするときに、小さくパキという音がするようになりました。今のところ問題なく上下してますけど何となく嫌な感じです。クーペやカブリオレはドアの開閉時に窓が上下するのでセダンよりは故障が少ないそうですが、窓落ちがE46の弱点だとよく聞きます。急に壊れたら嫌だし、壊れた時にパーツが手に入らなくなってたら困ります。この部品はE46のクーペとカブリオレにしか使わないので値段も少々高めです。ということで今のうちに入手しておくことにしました。

買ったのはアマゾンです。価格は40ドル強ですが送料が30ドルもしました。注文してから5日でアメリカから届きました。後で確認するとヤフオクで買っても大した差は無かったようです。

カブリオレのウィンドウレギュレータ交換はコツが要りそうだ

まだ交換してませんがクーペやカブリオレのウィンドウレギューター交換は少し難しそうです。ヘインズのリペアマニュアルにはBMWディーラーか専門知識のある業者に委託しろと書いてあります。

カブリオレは窓枠が無いのでガラスの上下左右、高さ、内外の調整をしないと隙間が空いたりウェザーストリップにきっちり入らずに雨漏りしたり風切り音がします。クーペ・カブリオレに特別な調整は、内外の調整(プレテンションの調整)です。車を前から見たときのガラスの立つ角度です。下の画像は後ろ側のガラスクランプで、六角部分が回るとクサビ部分が上下に移動してガラス上端が内外に動きます。穴にはボルトが貫通してガラスを保持します。

前側のガラスクランプは矢印のところにガラスを挟んで押さえるだけなのでボルトを抜く必要はありません。

窓ガラスの微調整はドアの外側からでもできるようです。ドアのサイドモールを外した側面の穴とドアの下側の穴からからボルトを回して調整します。調整のためのSST(もしくは代用品)が必要です。

プレテンション調節用の自作SST

もし壊れたら速攻でレギュレータを交換するつもりなので、また報告しようと思います。

オイルパンガスケットからオイル漏れがあるけど、今はパーマテックススプレーシーラントでごまかしてる

オイルパンガスケットからのオイル漏れは、オイル漏れ止め剤で何とか漏れを止めていますが、根本的治療にはなりません。止められるうちは何度でもスプレーしてごまかそうとは思ってます。でも、いずれガスケット交換の時が来ることを想定してブツだけは手に入れておきました。

Victor Reinzのオイルパンガスケットです。これは25ドルほどでしたが送料が10ドルかかりました。これは日本で買ったほうが安かったかもしれません。ただ、Victor Reinzの銘柄指定で買えたので良かったと思います。

これを交換しようと思うとエンジンハンガーでエンジンを吊る必要があります。エンジンマウントを交換するためにフロントサブメンバーを下げたことがあるので何となくイメージはあります。でも、結構面倒くさそうなのでいつ交換できるかわかりません。段々年を取っていくので永久にやる気が起きないかも。その時はバンパー破損以来、2度目の外注になります。

カーコンビニ

損保でノール 下取り

関連記事



-修理関係

Copyright© BMW E46 カブリオレな話 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.