AF24ジョルノがアクセルを開けるとエンストするのでキャブレターを清掃してみた(前編)

投稿日:2021年1月4日 更新日:

私のAF24ジョルノはめったに乗らないので自賠責が切れておりました。近所のバイク屋さんで自賠責に入って帰りに乗ってみると、アイドリングはするのですがアクセルを開けると止まってしまいます。せっかく保険に入ったのに。寒いので修理する気力がわかなかったのですが、一念発起して修理してみることにしました。

外装を取る

何が面倒くさいかっていうと、ジョルノの外装を取るのがまず面倒くさい。バンパーやらタンデムステップを付けてるからそれも取らないといけません。

外すファスナー類はというと、

  1. (まずメットインボックスを外す)
  2. メットインボックスの10mmボルト4本とビス数本
  3. (次にボディを外す。)
  4. シートロックを留めるボルト2本
  5. ボディ前部とステップを留めるビス2本
  6. ボディ後部とリアフェンダーライナーを留めるビス2本(私のは失われていて無かった)
  7. リアキャリアを留めるナット3個(リアキャリアを外さないと外装が取れなかった)
  8. 私の場合、タンデムステップとバンパーをステップに留めるボルト2本
  9. 後部灯火類のコネクタ3つ
  10. 引っかかっている爪数カ所

まあ、やってみるとさほど大した労力でもありませんでした。

ぼこっと外れる。

とりあえずキャブレタークリーナーを吹き付けて直るかやってみた

エアクリーナも外しました。キャブレターは分解清掃するつもりですが、とりあえず車体に付けたままやってみました。しかし無駄でした。やはりアクセルを開けるとエンストします。

キャブレターを外してみたらメインジェットが詰まってた

キャブレターの外し方と分解方法は、YouTubeに動画がたくさんあるのでそちらを見た方がためになります。

ホース類を全部外す。

8mmボルト2本を外す。

型番 PA35F A

分解してみたところ、メインジェットが詰まってました。パーツクリーナーを吹くと貫通しました。

エアスクリューにOリングがない

ガスケット類は交換

ガスケットがペチャンコになってる場合は交換した方がいいと思います。

アイドルスクリューの働き

アイドルストップスクリュー(スロットルストップスクリュー)の先っちょが丸印の中に見えています。スクリューを回すとこいつが出たり入ったりしてスライドバルブの開きが変わる(アイドリング回転数が変わる)みたいです。

なので、アクセルワイヤの延長上にあるのがアイドルストップスクリューです。

エアクリーナエレメントは洗って再利用した

エアクリーナエレメントはボロボロになってることが多いらしいですが、私のはまだしっかりしてたので洗って再利用することにしました。オイルは飛んでしまって乾いていました。洗剤で洗って干してからオイルを含ませます。オイルは2スト用か4スト用か悩みます。要はネバネバしてればいいんだということで4スト用にしようとおもいます。(私に知見があるわけではない)

組立は後日

正月が終わって仕事が始まったので、組み立てはまた暇をみてやります。おそらく動くでしょう。多分。

(後編につづく)

記事下レスポンシブ




記事下レスポンシブ




関連記事



-AF24giorno, 修理関係

Copyright© BMW E46 カブリオレな話 -BMW E46 cabriolet-ish Stories- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.