Stinger+2にインフィード広告を設置してみた

投稿日:

自動広告にすれば勝手にインフィード広告を入れてくれるので、わざわざ設定する必要もないのですが、自動にしていない場合でもインフィード広告が表示されるように設定してみました。Stingerplus2にはインフィード用のウィジェットがないのでphpファイルを少し書き換えます。

準備

アドセンスのサイトでまずはコードを取得しないと始まりません。

広告>広告ユニット>新しい広告ユニット>インフィード広告

画像の配置などを変更してみたらだめで、デフォルトのままの方がうまく行きました。

モバイルとPC用のコードを別々に取得しました。出来たコードを見ると2つは微妙に違うようです。てことは、スマホで見るかPCで見るかで条件分岐させないとだめってことですかね。

ダウンロード

まず、itiran-thumbnail.phpをFFFTPでローカルにダウンロードしてから作業します。場所はpublic_html>wp-content>themes>stingerplus2にあります。

このファイルを書き換えると、トップページのほかにアーカイブ、カテゴリー、タグ別に一覧で表示したときにもインフィード広告が挿入されます。

書き換え

2行目<?php if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post(); ?>を次のように書き換えます。全部、他サイトのコピペです。私は全くコードのスキルを持ち合わせておりません。

<?php if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post(); $count++; ?>
<?php if ( $count == 4 || $count == 8 ) : ?>
<?php if(st_is_mobile()) :?>
<dl class="clearfix">

モバイル用のコード

</dl>
<?php else: ?>
<dl class="clearfix">

デスクトップ用のコード

</dl>
<?php endif; ?>
<?php endif; ?>

アップロード

できたitiran-thumbnail.phpをstingerplus2-childにアップロードします。場所はpublic_html>wp-content>themes>stingerplus2-childです。stingerplus2の親テーマを変えるより子テーマを変えた方がいいと思います。

仕組みは不明ですがうまく出来ました。良しとしましょう。

記事下レスポンシブ




記事下レスポンシブ




関連記事



-WEB関係
-, ,

Copyright© BMW E46 カブリオレな話 -BMW E46 cabriolet-ish Stories- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.