結局バノスオイルラインを交換した  I ended up replacing VANOS oil line

投稿日:2018年5月3日 更新日:

バノスオイルライン完治ならず

オイルが少々漏れるのでいろいろと試行錯誤してきました。

  • It has been trail and error in order to locate where oil leaks from and to stop it.

などなど。 etc

 

それなりに漏れる量は格段に減少しておりましたが、完治とはなりませんでした。

おとなしく走ってる分には大丈夫そうですが、6000回転以上回すとやはり漏れておりました。やはりVANOSオイルホースだろうということで交換することにしました。

  • I managed to decrease oil leak, but couldn't stop it. It looks like okay as far as I drive quietly, but after I rev up an engine over 6000 rpm, oil starts to leak.

 

バノスオイルラインを購入

買ったのはこれ。ワッシャーは付いてませんでした。

IMG_9139

OE品質と書いてあったので買ったんですが、届いたのはUROパーツの社外品でした。仕上げは純正に比べて雑です。

  • This is after market parts. It looks poorly-made compared to the genuine parts.

IMG_9135

IMG_9136

上がUROで下が純正です。良いところは、カシメが純正が2重でUROが3重です。

  • Good thing is that the aftermarket part has triple caulking.

IMG_9134

 

 

作業手順

交換作業に入ります。ジャッキは要りません。

IMG_9281

 

まず、古いのを取り出します。

と同じ要領です。エアフィルターエレメントボックスとパワーステアリングフルードタンクを外すだけで作業しました。狭いですが、レンチを使うだけの空間はあります。

  • I got the VANOS oil line out of the engine bay by removing only air filter element box and power steering fluid reservoir. It is tight, but you have enough room to use wrenches.

次に新しいのを取り付けます。

私は、まずVANOS側を仮止めしておいてからオイルフィルターハウジング側を取り付けました。ワッシャーを落とさないように気を付けてやらないといけません。何しろ狭いので気を使いました。

締め付けは25Nmまでの短いトルクレンチで締めてから増し締めしました。VANOS側はソケットが入らないのでメガネレンチで締めざるを得ません。

 

作業終了

作業自体は簡単でした。すぐに終わります。

外したコネクタはちゃんと忘れずつけましょう。私はMAFセンサーのコネクタをつけ忘れて試運転に出かけてしまいました。

きっちりとエラーが記録されていたのでINPAで消去しておきました。

  • This job is so easy that you can do it soon.
  • I forgot to have the connector of MAF sensor connected to my car. And I go for a test drive.
  • I got errors, so erased them by INPA.

IMG_9142

 

まとめ

あなたがDIYerでなければ、あれこれ遠回りせずに最初からヴァノスホースを交換されることをお勧めします。私の場合、これも趣味のひとつなので問題ないですが、工賃がかかる場合は確実な方法を取った方がいいですね。

  • Unless you ara DIYer, you better replace your failed parts, not going the long way round.

純正品でなくても問題ないと思います。

 

記事下レスポンシブ




記事下レスポンシブ




関連記事



-修理関係
-, , ,

Copyright© BMW E46 カブリオレな話 -BMW E46 cabriolet-ish Stories- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.