ソフトトップのカタカタ音はやっぱりウィンドウから出てた

投稿日:2019年8月26日 更新日:

E46カブリオレのソフトトップから段差を超えるとカタカタ音がします。それも左側の前の方だけ。

車体の剛性を増すために、ストラットタワーバーを付けたり、ロワー・リインフォースメント・プレートのボルトを増し締めしたりしたら音が小さくはなりました

でもやっぱり異音は直ってません。手で音がするあたりを触りながら運転してみたら、窓の上端が振動して音がしている気がします。以前、シリコンスプレーを塗ってみても直りませんでした。今度はウインドウの上端にマスキングテープを貼ってみました。

大きな振動があると音がでますが、普通に運転してると音がしなくなりました。ウィンドウの上端がシールに当たって音が出ていることがわかりました。

対症療法としては、窓とシールのあいだを埋めてやればいいようです。ただし、摩擦が増えてドアを開けるときに窓が下がりにくくなります。

しかし、そもそもなぜ音がするようになったのかはわかりません。可能性としては、

  • ソフトトップにガタがきている。
  • ボディそのものの剛性が低くなってねじれている。
  • シールが硬化して音がしやすくなった。

おそらくすべて関連してると思います。一番大きな原因はシールの劣化ではないでしょうか?

記事下レスポンシブ




記事下レスポンシブ




関連記事



-修理関係
-,

Copyright© BMW E46 カブリオレな話 -BMW E46 cabriolet-ish Stories- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.