PCでSkypeするためにiPhoneをウェブカメラとして使ってみる

投稿日:2019年7月7日 更新日:

PCでSkypeを使いたいけど、ウェブカメラを持ってない

買うのも勿体ないしスマホで代用できたら安上がりです。

そんな時は、スマホをウェブカメラとして使えるアプリがあります。

いくつかあるんですが、ネットで評判の良かったiVCamというアプリを使ってみます。E2ESOFTというところが販売しています。とりあえず基本的な機能は無料で使えます。(機能制限されます)

ただ、このE2ESOFTという会社については、ホームページを見ても会社概要的なものは何にも書いてないので、住所、電話番号はおろかどこの国の企業なのかもわかりません。少々不安ですが、アップルストアの審査には通っているので大丈夫だということにしておきます。ただ、機密情報をやり取りするならきちんとしたウェブ会議システムを購入した方がいいかも。

使い方は、迷わないと思うので簡単に書きます。

私の環境はiPhone7、PCは CORE i5, Windows10 64bitです。

iPhoneにアップルストアからiVCamを探してインストールします。PCにもE2ESOFTのホームページからPC用のソフトをダウンロードします。
https://www.e2esoft.com/
上部メニューのAPPSからiVCamを選ぶとダウンロードリンクのあるページに行けます。

後は、特に悩むこともなくインストールできます。iPhoneとPCをWifiかUSBでつないでから、iPhoneとPCでアプリを立ち上げるとiPhoneで見た画像がPC上に表示されています。

無料版では機能が限定されている。

ビデオサイズや画質、オーディオなどオプションセットアップでデフォルトから変更しようとすると完全版の購入を促され変更できません。これを紹介している他のサイトでは変更できると書いてありますがダメです。インストール直後は変更できるのですが、1日ぐらい経つと変更できなくなりました

でもデフォルトでも十分使えると思います。

完全版では、ビデオサイズが640x360から3840x2160まで選べるようになっています。インストール直後は変更できたので試してみましたが、あまり大きくすると遅延します。

SkypeでiVCamを使ってみる。

スカイプもPCにインストールして立ち上げてみましょう。以下のウェブサイトからインストールしてください。スカイプのインストールは迷わないと思うので省略します。言われたとおりに進めるだけです。

https://www.skype.com/ja/

他のネット情報では、iVCamをインストールすれば、何もしなくてもスカイプが認識すると書いてあります。

カメラとマイクを認識しないときは

スカイプがiVCamを認識しないという状況になる人は、今までウェブカメラをPCに接続したことのない人だと思います。PCがカメラを認識する設定になっていないからです。

カメラを認識させるには、

  • PCの 設定>プライバシー>カメラ を選びます。
  • このデバイスのカメラへのアクセスをONにします。
  • 次に、アプリがカメラにアクセスできるようにする、をオンにして、
  • アクセスできるアプリとしてSkypeとWin32WebViewHostをオンにします。(環境によっては、画面下にある「デスクトップアプリがカメラにアクセスできるようにする」をONにする)
  • マイクも同様に設定を変更してアクセスを許可します。

これでSkypeでウェブカメラとマイクが使えるようになりました。

ただ、iVCamはウェブカメラとしては認識されましたが、無料版ではiPhoneをマイクとして使用できませんでした。スカイプの設定メニューの「音声/ビデオ」のなかでマイクを認識できません。別にマイクを用意する必要があります。使えると書いてあるサイトがありますが、iPhoneをマイクとして使うには完全版を'e2eSoft VSC'という別のソフトウェア購入する必要があります。

(追記:仮想オーディオデバイスマネージャーならe2eSoft VSCでなくてもいいらしいです。)

ネット情報ではタダでいろいろできるようなことが書いてあるのですが、少々期待外れです。最近になってE2ESOFTが仕様変更したか、インストールしてすぐに記事を書いたかだと思います。

しかし、とりあえずウェブカメラが必要だけど買うまでもないという人は使ってみるといいと思います。何せタダですから。

iPhoneをマイクとして使用するには

E2ESOFTのホームページからe2eSoft VSCをダウンロードしてインストールします。とりあえずトライアルヴァージョンをインストールしてみます。
https://www.e2esoft.com/vsc/

e2eSoft VSCをインストールすると、スカイプの 設定>音声>マイク でe2esoft VAudio のマイクロフォンを認識しています。

iPhone側のiVCamのオプションセットアップでもオーディオを有効にしておきます。

スカイプの設定画面の最下段にある「無料テスト通話を行う」を実行すると正常にセットアップされているかどうか確認できます。何度かテストしていると、Trial Versionという女性の声がときどき入ります

価格は17.95ドルです。試用版は女性の声が挿入されるので、ちゃんと使うには購入しないと厳しいでしょう。2000円という値段が高いとみるかどうかですね。私ならマイク付きのヘッドセットを買います。

(2020.03.21 追記)久々にiVCamを立ち上げたら画面の真ん中に”TRIAL”が表示された

久々に立ち上げてみるとアップデートを促され、実行しなければ接続できなくなったので、最新バージョンにアップデートしました。

画面の真ん中にでっかくTRIALの文字が挿入されるようになっています。(追記:トライアル期間が終了するとTRIALは消えて小さなウォーターマークだけになりました。TRIAL期間中は各種機能が使えるのかもしれません。しかし、なぜか画面解像度は以前通りデフォルトから変更できませんでした

広告を消すと2分間だけ文字が消えます。(追記:トライアル期間終了後も広告は出ます)

2分ごとに広告を消さなければならず、無料バージョンで快適にスカイプをすることは無理だと思われます。980円でアプリを購入するか、ウェブカメラを購入するかの二択になると思われます。なかなか絶妙な値段設定です。(今日見たら1,220円になってた。4/10)

仕事で使うならお金を出して正規版を購入した方がいいと思います。

iPhoneのカメラは性能が良いので、安物のウェブカメラよりは映りがいいと思われます。どこでもスマホがあれば使えるというのもアドバンテージです。どうするかは個人の価値観と使い方次第です。

スマホをウェブカメラにするなら三脚は要ると思います。

(2020.04.06 追記)緊急事態宣言が出されそうです

ここのところこの記事へのアクセスが上昇しています。新型コロナ対策で在宅勤務の方が増えているからかもしれません。今日、明日にも緊急事態宣言が発令されそうです。在宅勤務やテレワークが一挙に増加することが予想されます。

コロナウイルスが話題になる前後、毎日外国人観光客でいっぱいの電車に乗って通勤していました。日本の感染爆発はヨーロッパよりも先行するはずと思うのですが。感染者数は増えているものの死者数は諸外国より少ない。BCG効果あり説に期待しつつ、このまま日本が乗り切ることを信じています。


Yahoo!ショッピングならこちら

5月中旬発送予定 webカメラ マイク内蔵 高画質 500万画素 ヘッドセット ウェブカメラ テレビ会議 チャットツール 720P Skype Zoom LINE

(2020.04.08追記)今日は出勤です

4月8日朝8時ごろの梅田阪急百貨店前。半分くらいでしょうか。

手持ちのビデオカメラを使うなら

手持ちのビデオカメラや一眼レフカメラ(HDMIスルー機能付き)で高画質かつズームなどを駆使してWEB会議をするなら、HDMIキャプチャーボードが必要です。スカイプにも対応していると書いてあります。HDMI出力をUSBで入力できるようにします。

私の古いキャノン製iVIS HF R21はライブ出力できないので使えません。

記事下レスポンシブ




記事下レスポンシブ




関連記事



-WEB関係

Copyright© BMW E46 カブリオレな話 -BMW E46 cabriolet-ish Stories- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.