略礼服に包みボタンを付けて一味違う着こなし

投稿日:2019年3月22日 更新日:

はじめに

略礼服って日本独自に発展した仕様で、単なる黒いスーツだと言う人もいます。でも日本ではれっきとしたフォーマルですからこれを着るしかありません。

とは言え、略礼服のフォーマル度を支えているのは深い黒色だけですよね。形はビジネススーツとおんなじですから。

ならば、少しはビジネススーツと差別化できたらいいんじゃないでしょうか。

そこで考えましたよ。少しでもフォーマル度を上げる方法。

ボタンを包みボタンにする。

普通、男性用の吊るしで売ってる略礼服は包みボタンじゃないと思います。一方、タキシード、モーニングはおんなじ礼服で基本的に包みボタン仕様です。女性用の礼服も包みボタンが多いかな。

実験台になった私の略礼服は、1ボタン、袖口ボタン3つ、ピークトラペルで、はるか昔に吊るしで買ったものです。カインドウェアの製品です。この略礼服で慶事も弔事も兼用しています。問題ありません。

包みボタンを作ろうとすると、ジャケットの共布と包みボタンキットが必要です。ですが、まず共地の布が余ってないのでボタンを作れません。そこで、生地違いにはなりますが市販の包みボタンを使います。タキシード用やモーニング用のを売ってますから付けかえるだけです。私は紳士服の付属品屋さんに行って買いましたが、近所にお店がない人はネットで購入できます。

タキシード用くるみボタン・20mm[1個単位] フォーマル用ボタン

普通はフロントが20mm、袖口が15mmでいけると思います。数が多いので結構面倒くさいですが、リフォーム屋さんに頼むと料金がバカになりません。自分でやりました。この時一緒にブレイシズ用のボタンも付けるといいかもしれません。

拝絹を付ければほとんどタキシードです。なんだか人とはひと味違った略礼服になったので満足です。

まとめ

私の略礼服は形が1ボタン、ピークトラペルだったので良く合ったということもあります。あんまりダボダボのダブルよりシングルの方がかっこいいと思います。

こちらもどうぞ

ブレイシズ(サスペンダー)のボタン位置と間隔はどうすればいい?

記事下レスポンシブ




記事下レスポンシブ




関連記事



-ライフスタイル
-, ,

Copyright© BMW E46 カブリオレな話 -BMW E46 cabriolet-ish Stories- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.