エンジンルーム

混合気乗法補正の学習値が大きいのにエンジン警告灯がついていない Adaptation value is high but no warning sign appears.

投稿日:2018年9月18日 更新日:

ずーっと前にエンジン警告灯が付いた件を投稿しました。I posted the article about engine warning light coming on.

アルミテープでエンジン警告灯点灯 INPAで消すの巻

その時はMultiplicative mixture adaptation(多分、ロングタームフューエルトリムのようなもの)が大きくて警告灯が付きました。

At that time, Multiplicative mixture adaptations caused the warning light.

エンジン警告灯は点灯していませんが、先日ASC/DSCの警告灯が点灯した時に、ついでにアダプテーションの値を見てみたらこんな感じになってます。

The other day, I happened to see the adaptation value when ASC/DSC warning came on. Adaptation values are as follows.

混合気乗法補正の学習バンク1 multiplicative mixture adaptation bank1 11.42%

混合気乗法補正の学習バンク2 multiplicative mixture adaptation bank2 12.00%

混合気加法補正の学習バンク1 0.03 ms

混合気加法補正の学習バンク2 0.00 ms

けっこうでかい値です。てっきり8%を超えたら警告灯がつくと思ってました。前はBank2のMultiplicative mixture adaptationが10.15%で警告灯が点灯しました。

いったい、どういう条件で警告灯が点灯するんでしょうか?

It's fairly large value. I had thought the warning lamp came on if it exceeded 8%. I wonder what condition causes the warning.

いっぺんアダプテーションを消去してどうなるか見てみます。

I will see what happens if I cancel the adaptations.

追伸 やっぱり10パーセントを超えました。何かがおかしいですが、警告灯はついていません。

PS. Adaptations exceeded 10% again, but still no warning light.

学習値については以下の記事参照

INPAが使えるのはEシリーズまでです。

記事下レスポンシブ




記事下レスポンシブ




関連記事



-修理関係
-,

Copyright© BMW E46 カブリオレな話 -BMW E46 cabriolet-ish Stories- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.