iPhoneでパソコン用表示に切り替える方法

投稿日:2018年8月24日 更新日:

iPhoneでスマホ用のサイトを見ていて、パソコンでの表示を確認したくなったことありますよね。

時々、スマホ用サイトの情報がパソコン用と同じじゃないサイトがあります。

私の場合、自分のブログをiPhoneで作ってるときに、パソコンでの表示を確認したくなって切り替えようと思ったわけです。

 

iPhoneから PCサイトを見るには?

ブラウザによって方法が違います。

Safariの場合

上矢印の付いたタブをクリックして「デスクトップ用サイトを表示」を選びます。元に戻す時は、それ用のボタンはないのでタブを閉じます。

 

Chromeの場合

右上の点3つを押して、「PC版サイトをリクエスト」を選びます。元に戻す時は、同じようにして「モバイル版サイトをリクエスト」します。

 

やってみたら?

それで、自分のサイトでやって見たら、レスポンシブなので変わりませんでした。勝手にスマホ画面用の表示になっちゃいます。

しかし、広告の位置が変わりました。見た目が一緒でもPC用で表示しているのがわかります。

 

 

PCからスマホ用サイトをみるには?

じゃあ、逆にPCからスマホサイトの画面をみるにはどうするの?

 

Chromeの場合

PCのChromeで右上の点三つを押してプルダウンの中から「その他のツール」を選んで、その中から一番下の「デベロッパーツール」をクリックします。

下図の1のデバイスの切り替えボタンを押して、2のプルダウンからiPhoneを選びます。他にもいろんなデバイスがプリセットで入ってます。便利ですね。

 

 

Internet Explorerの場合

ツールから開発者ツール選んでエミュレーションタブのユーザーエージェントを変更します。はっきり言って私はよくわからないので省略。

Chrome使った方がいいです。

 

やってみたら?

Chromeでは、上の画面のようにちゃんとスマホ用で表示されました。

 

皆さんご存知のこととと思いますが、備忘録として一応書いときました。

記事下レスポンシブ




記事下レスポンシブ




関連記事



-WEB関係

Copyright© BMW E46 カブリオレな話 -BMW E46 cabriolet-ish Stories- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.