直帰率が低いので喜んでいたらGoogle Analyticsのコードが二重になっていた

投稿日:2018年9月24日 更新日:

直帰率が低すぎる

Google Analyticsを見ると直帰率がずっと5から6パーセントくらいです。

普通50パーセント以上らしいです。明らかにおかしいですよね。

直帰率が低すぎるときはGoogle Analyticsのコードをだぶって貼ってることが多いです。

 

Google Analytics コードを探すも1つしか見つからず

サイトを開いて、右クリックでページのソースを表示してGoogle Analyticsのコードの一部である「UA-」を検索しました。でも、1か所しか見つかりません。

そこで、ChromeのTag Assistantという拡張機能をインストールしてみました。こいつを使うとコードが二重に貼られているのを発見してくれます。が、やはり1つしか見つかりませんでした。

 

テーマファイルとプラグインの両方に設定したのが原因?

記憶をたどると、テーマファイルに直接貼ったのを覚えてます。その後にプラグインのAll In One SEOにもコードを入れました。

STINGER+2の管理メニューに行き、「Google連携に関する設定」の中のアナリティクスコードを消しました。

すると、テーマのheader.phpから

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-#########-#"></script>
<script>
window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
gtag('js', new Date());

gtag('config', 'UA-#########-#');
</script>

の部分がそっくり消去されました。

 

これで、All In One SEOプラグインの設定のみになりました。

 

今度は、ソースを検索しても、Tag Assistantで調べても、アナリティクスのタグが1つも発見されなくなりました

ネットを見ると、2つあったのが1つになったとか書いてる人がいます。

でも、アナリティクスは正常に動いてるのでこれでいいのでしょう。プラグインで設定した時はタグが見えないのでしょうか?

 

直帰率が一挙に約70パーセントになりました。

やはり、テーマファイルとプラグインの二重設定が原因だったようです。

問題は解決しましたが、現実は厳しいですね。頑張ります。

記事下レスポンシブ




記事下レスポンシブ




関連記事



-WEB関係
-, ,

Copyright© BMW E46 カブリオレな話 -BMW E46 cabriolet-ish Stories- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.