ソフトトップオープンカーの屋外駐車にボディカバーは必要か?

投稿日:2018年8月7日 更新日:

結論としてボディカバーは必要

ソフトトップのコンバーチブルを買おうと思っても、屋根付き駐車場が無いし大丈夫かなと躊躇している人は多いと思います。

完全な屋内駐車場がある人は何の問題もありませんが、全く屋根のない屋外駐車場ではソフトトップの劣化が心配です。屋根付きでも屋外駐車場では紫外線による劣化が多少は考えられます。

でも、ボディカバーは面倒だし、かえってボディに傷が付くのではと心配されます。

結論から言うと、屋外駐車するならボディカバーはした方がいい、と私は経験から思います。

その理由を書きたいと思います。

心配その1 傷がつくのでは?

ボディ塗装をとるかソフトトップをとるかのトレードオフですが、カバー無しの場合のソフトトップへの紫外線や風雨の攻撃に比べたら塗装の傷は問題ない程度だと思います。

装着したことによって、実際、ボディ塗装に目立つ傷が付いたことはありません。(私が鈍感なだけかもしれませんが、見てわかる傷が付いたことは無いです)

ソフトトップの劣化の大きな原因が、開閉によるストレスと紫外線だと思われます。

紫外線に関しては、屋外に置いておいた布が黄色く変色したり劣化するのを見れば有害性は明らかです。また、鳥の糞攻撃はソフトトップにとっても塗装にとっても大敵です。絶対した方がいいです。

傷を心配してボディカバーを付けてなかったら、ソフトトップの劣化は確実に早まるでしょう。ボディの塗装だって紫外線から守られます。

心配その2 面倒だ

これは、ボディカバーによります。簡単なのも売ってます。私の場合は、着脱にそれぞれ1分はかかりません。急げば30秒から1分以内で完了します。

確かに時間がかかると、結局つけなくなると思います。

私の使ってるボディカバー

「パックイン ハーフカバー」という製品です。2年以上使ってますがお勧めです。

メーカーサイトから引用

強力ゴム・・・高純度天然ゴム使用ポリエステル系で二重にカバーリングをしています。

①カバーをかけるときは収納袋からカバーを伸ばして広げるだけです。

②収納するときは前から丸めて袋に入れます。

③カバー盗難にあいにくくなっています。

④カバーを取扱う時、地面に触れませんので小石や砂で車をいためにくくなっています。

⑤収納袋はエプロンや手袋も同時に入ります。

⑥ 収納袋は必要に応じて脱着自在です。

使ってみた感想

とにかく着脱が簡単です。クルクルっと巻いて、トランクからぶら下がっている袋に入れてトランクにしまうだけです。30秒で終わります。これが面倒だと使う気が失せるので重要なファクターです。

ハーフですが車の側面は日光が垂直にあたらないので、あまり痛みません。ソフトトップの劣化も見られません。

1、2年後のボディカバーの汚れや劣化を見ると、あって良かったと思えます。

注意事項としては、台風の時はロープでさらに巻き付けるか、いっそのこと外しておいた方がいいかもしれません。私は外さずにロープで補強しています。

まとめ

オープンカーは欲しいけど駐車場がなあ、とお迷いの方はボディカバーをお勧めします。それでも傷が心配な方は屋内駐車場を建設してください。

追伸

今日の未明から台風が来そうなのでボディカバーを取りました。

何とか、ヒモの部分を養生してやり過ごせないかと思ったんですが、暴風なので念のためやめときました。

少しくらいの風なら、ヒモが当たる部分に養生テープを貼れば問題ないと思います。

記事下レスポンシブ




記事下レスポンシブ




関連記事



-修理関係
-,

Copyright© BMW E46 カブリオレな話 -BMW E46 cabriolet-ish Stories- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.